ようこそ人類、ここは地図。

2月5日、またはユミのブログ。

宇宙人のきもち。

f:id:niga2i2ka:20170901093832j:plain

宇宙人のきもち、を考えるときの私は、 だいたい地球人のきもち、を考えてしまっているのです。

宇宙人のきもち、を考えるときのいちばんのちゅういは、宇宙人は地球人にあらず。

そのことをちゃんと、よくよく、考えること。

それにつきるのだ、とファミマの店長さんは言います。

 

ファミマの店長さんは、北千住のファミリーマートではたらいています。

北千住のファミリーマートにも、ときどき、宇宙人が来るそうです。

宇宙人が来たな、というときには、店長さんもバイトさんも、心の中でいろいろなことを思うらしいです。

 

「UFOはどこにとめてきたのかな」

 

とか

 

「今日もおでんを買うのだろうか」

 

などなど。

 

もちろん、口では

「いらっしゃいませぇ」

とか

「お弁当はあたためますか?」

などと言ったりします。

 

そういえば、こないだ、バイトさんがうっかりお箸を入れ忘れたら、 宇宙人が泣いてしまった、と店長さんがなげいていました。

やっぱり宇宙人のきもち、はひとすじなわではいかないよ、

ぼくや君みたいな、その、地球人とおなじように考えていてはいけないよ、 とちょっと声を落として、 店長さんは、なんだかむずかしいかたちの、ため息のようなかたまりをひとつ、口の中から出してテーブルの上に置いたのでした。