ようこそ人類、ここは地図。

私たちにおける素晴らしい座標を

遺失物をください。とても美しいやつ。

f:id:niga2i2ka:20171204122308j:plain

ここはいったい何処なのですか。

 

古い家の窓はまるで四角形のコマ割り。

私を人生に閉じ込めているこの直線を憎んでも

仕方ないので、何も思わない。

硝子障子の内側から、視線はビームのようにはみ出していく。

神様がくれた私の所持品。

小さな頭を気に入っています。

ほとばしるビームも。

 

死んだ人たちのために、張られた美しい床材。

そこに積もる過去を私はときどき片付ける。

誰が描いたのですか。

へたくそな嘘の夜空。

めずらしい画びょうみたいに、星がびかびかと刺さっている。

 

ここはいったい何処なのですか。

 

誰かと一緒にいたような気がしているのに。

それはきっと気のせい。

だって証明書がないからです。

もはや私は夢の話する人。

 

だから泣いてしまうのです。

あの毎日は本当ですか。

ちゃんと存在しましたか。

雨が降ったら溶けてしまう。

泥になって溶けてしまう。

生活なんて、ふたりでいることなんて。

 

所持品に加工してください。

私たちの日々を。

お守りか何かみたいに。

キーホルダーに鍵と一緒につけて。

指で触れることができるように。

たしかに二人でいた証拠を、

いつか失くしてしまえるように。