ようこそ人類、ここは地図。

2月5日、またはユミのブログ。

発明の国、ヒラメキア円卓会議。

f:id:niga2i2ka:20170831200551j:plain

 

紫陽花型の爆弾を作ろうと思ったけれど

紫陽花というのはたちまちに滅びて

ピカピカとはしておられぬ性質らしく

紫陽花型の爆弾を仕掛けたところで

爆発までのしばしの期間

ちっとも枯れていかぬのは

怪しいぞ怪しいぞなんて

顔を覆いたくなるほどに怪しまれてしまうのが

目に見えているので

紫陽花型の爆弾を作るのはもう中止です。

✳︎

 

「ものもらい」になった時に備えて

第三の眼があったら便利に違いない。

両眼が赤く膨れ上がって視界10パーセントに

なってしまった時でも

ポケットからサッと第三の眼を取り出して

しかるべき位置にスチャリと装着すれば

こりゃ便利。

見えるぞ見える眼が見える。

一人一球、予備の眼を持とう!

問題なのは 、

人は何時何処で「ものもらい」に罹るのか、

まったく予想がつかないという事で

あ!かかったな!と思った時には

戸棚の中で長いこと忘れられていた第三の眼は、

ふさふさカビを生やして

毬藻状の物体になっているかもしれぬのです。

そんなふさふさした目玉を見るのは忍びないので

第三の眼はもう用意しなくていいです。

 

✳︎

親切なおにいさん。

酔っ払った友人知人を道端で介抱していると

袋状のものを差し出してくれる親切なおにいさん。

コインランドリーで小銭に困っていると

200円と粉末洗剤を恵んでくれる親切なお兄さん。

夜中に恋人と喧嘩をして裸足で外に飛び出すと

何も言わずに朝までそばに居てくれる親切なおにいさん。

おにいさんはいつも同じ迷彩柄の服を着ているので

すぐに「親切なおにいさん」だと分かります。

けれど近頃、

おにいさんがちょっと親切すぎるんじゃないか

という気がだんだん我々はしてきたので

お兄さんの親切は当分は自粛してほしいです。

 

 

✳︎

一人称の貸し出しについて。

一人称を人に貸していたところ結構利子がついて

返ってくるのが意外です。

返却済み一人称を、たまに自分が使おうという段になって

随分と使い勝手がよくなって

言いたいことをツイツイっと言葉にできたりして

何が違うんだろとうんうん考えると

貸し出す前よりも一人称が油を差したみたいに

饒舌でちょっと「うわて」になっているようなのです。

シャンプーなんかも違う種類に変えると

もともとの成分以上に効果がよくでて髪イキイキ

と評判だけど

一人称もたまに他の人に使ってもらうと

いい刺激になってツヤツヤしてくるんですね。

なので、一人称の貸し出しはまだ続けます。

 

本日の議題については以上です。

次回の開廷は100年先です。