ようこそ人類、ここは地図。

2月5日、ゆみの散文集。

親切なアーティストを目指しています。

f:id:niga2i2ka:20170704131330j:plain

こんにちは。こんばんは。

2月5日です。

 

せっかくブログを始めたので、自己紹介をしようと思いました。

しかしいざやろうとすると、むずかしい。

何をどう切り取ってお出しすれば良いのか、皆目検討がつかないのです。

 

私はある人の勧めで「アーティスト」と名乗ることにしたのですが、その肩書きひとつ取ってみても何だか不親切というか、大雑把というか。

判断を相手に委ねる部分が多いわりには誤解を許さない傲慢さがあるような気がして、自己紹介も「わたしはアーティストです、以上。」という風には済ませたくないと思って、今この文章を書いているのです。

 

なるべく親切でありたい、というのが私の希望です。

 

それにしてもむずかしいです。

自己紹介というのは。 

人が出会ってお互いに自己紹介をするというのは、相手を知るための入り口になると思います。

だから私はなるべく親切な入り口を用意したいと思っています。

それは私という人間を積極的に興味をもって知ってほしいからではなく、私という人間を通じて世界の美しさに触れてもらうことが喜びであるからです。

 

ですので、もちろんその手段が必ずしも私の作品である必要は特にありません。

ただ、入り口がここにもありますよ、と知らせることはアーティストとして最低限の仕事だと私は考えています。

 

しかし、私はこれを読むあなたの事を何も知りませんし、あなたにとって何が親切にあたるのか、皆目わかりません。

看板が出ていない店を好む人もいるでしょうし、事細かにメニューの写真まで張り出してないと入る気がしない、という人もいるでしょう。

ですので、このブログというのは文字と写真が主な情報源ではありますが、それを組み合わせて、これから私なりに心づくしの自己紹介をやっていけたらと思っています。

そう、何行か文章を読んで終わるものではなくて、このブログ全体が長い長い自己紹介です。

うんざりしてしまう人もいるかもしれませんが、それはそれで面白いことではないでしょうか。